• 〒689-3547 鳥取県米子市流通町158-20
  • 0859-37-1737
  • 0859-37-1737

会社概要

MATSUMOTOABURATENCOMPANY PROFILE
会社概要
松本油店ってこんな会社です。

経営理念

我々は社会に役立つ堅実な事業体を創ろう
そのため店主を中心として
なごやかに一致協力するとともに
各人はそれぞれの個性を生かし
真心を持って業務に努力することにより
物心両面の安定をはからねばならない

経営方針

2028年までに山陰で一番社員がキラキラしている会社になる!

自分たちが充実しなければ、
お客様へ感動を提供することはできない。

社員一人ひとりが夢を抱き、いきいきと働き、目標を達成し続けることで、
お客様に新たな価値を提供し続ける会社となる。

会長メッセージ

会長

私たちは、二度とない人生を、やり直しのきかない時間を生き続けている。
だからこそ、大いなる夢を抱き、目標を高くかかげ、いつまでも熱く燃えて生きていたいと決意している。 私たちは今、人生の最も大切な時間を仕事に費やしている。 人生には生命を受け、自分に与えられた素質、能力、使命というものがある。
それを充分に発揮した時に、私たちは生きる喜び、生きがいを感じる。
私は会長として共に働く同志として、ふれあいを深めながら、この夢と喜びをわかちあえる会社づくりを目指すことを誓う。

株式会社松本油店
代表取締役 会長 松本啓

社長メッセージ

社長

「当たり前の日常を送ることがどれだけ尊いものか」私は東日本大震災に被災し、実感しました。
その経験から私たちの仕事は人々の生活を支え、暮らしを豊かにすることができる、本当に素晴らしいものであると確信しています。
これからも地域にとってなくてはならない存在として、社員一同持てる力を発揮するとともに、仕事を通じて自らを高め、人間として成長できるよう努力してまいります。
そして、社員一人ひとりが夢を抱き、生き生きと働き、目標を達成していくことで、お客様に新たな価値を提供し続ける会社を目指します。

株式会社松本油店
代表取締役 社長 松本泰宏

健康宣言

わが社のミッション

松本油店は、顧客満足と従業員満足が両立する会社になる。
『安全・安心、快適、便利』を通じてお客様のより良い生活に役立つ会社になる。
そして地域住民にとってなくてはならない存在になる。

わが社のビジョン

2028年までに山陰で社員が一番キラキラしている会社になる。

わが社のミッション・ビジョンを実現する為には、社員自身が健康であることが不可欠であり、
健康でなければお客様の信頼を得ることはできません。
当社は、会社の成長を支える社員と家族の心身の健康を重要な経営資源の一つと捉え、
健康維持・増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりの推進によって、
社員がいきいきと豊かで快適・健康な社会生活と経済の発展に貢献する会社、健康で長く働ける会社づくりを目指します。

2020年11月
代表取締役 社長 松本泰宏

ワークライフバランス

全ての社員が仕事と子育てを両立させることができ、
すべての社員がその能力を十分に発揮できるように取り組みを行っています。

育児休業実績(令和3年11月度より過去5年間)

  • 女性で出産した社員 1名 うち育児休業取得した社員 1名(100%)
  • 男性で配偶者が出産した社員 9人 うち育児休業を取得した社員 2人(22%)

育児休業実績(令和3年11月度より過去10年間)

  • 女性で出産した社員 3名
    うち育児休業取得した社員 3名 短時間勤務を利用した社員 3人 退職者 0名

会社概要

商号 株式会社 松本油店
創立・設立日 創立:昭和4年4月1日 設立:昭和61年3月6日
本社 鳥取県米子市流通町158番地20 TEL: (0859)37-1737 FAX: (0859)37-1740
代表取締役 会長:松本 啓  社長:松本 泰宏
資本金 3,000万円
売上高 33億円(平成30年度)
従業員数 136人(令和4年5月31日 現在)
主な営業種目
  • エネルギー事業
    【燃料油の供給】
    鳥取市/琴浦町/大山町/伯耆町/米子市/境港市/松江市で計10カ所の出光サービスステーションを運営しており、山陰の暮らしに欠かせない車の燃料を供給しています。また灯油や軽油の配達もしており、ご家庭から事業所、工事現場までお届けします。
    【プロパンガスの供給】
    ご家庭から、飲食店、工場まで、私達の暮らしにかかせないプロパンガスをより安全に、そして安心してご利用いただけるよう、管理・設置をしています。
    【蓄電池設備の設置・管理】
    官公庁や病院、学校を中心に、非常時に電源を供給する非常用電源設備を取り扱っています。電源装置の販売から搬入据付工事、修理、保守点検すべてを行います。
  • カーサポート事業
    【トータルカーライフサポート】
    給油をはじめ、メンテナンス、車検、自動車保険、車両販売など、車に関わることはすべておまかせいただけるトータルカーライフサポートに取り組んでいます。お客様の「安全・安心、快適、便利」なカーライフを実現します。
    【カーコーティング】
    米子市/境港市の2カ所でカーコーティング専門店「リメイクスタジオM’s」を構えており、高い知識と技術を持った専門スタッフが、お客様の愛車のキレイをお約束します。
  • 建築事業
    【新築・リフォーム】
    台所や水回りのリフォームを中心に、より快適なお客様の暮らしを提供します。提案から施工までお客様に寄り添うことで、各家庭に合った住環境を整えます。
    【住宅機器の販売】
    住宅機器メーカーの代理店として、各家庭や工務店への販売をしています。
  • 石油製品事業
    【重油・潤滑油の販売】
    工場や自動車メーカーなどへ重油や潤滑油の販売・配達をしています。鳥取・島根両県をカバーする配達力があります。
    【包装資材の販売】
    地元食品メーカーを中心に、食品パッケージや段ボールなどの包装資材を販売しています。商品開発段階からデザイン提案、製品管理、配送まで一貫した商品づくりに注力し提案販売しています。
  • 農業部門
    二十世紀、新甘泉、王秋など鳥取県特産の梨を大山町にて栽培。また、県オリジナル品種の柿、輝太郎の生産もしています。農業の担い手が高齢化・減少していく中で、企業による農業を追求し、人の暮らしにとって最も大事な食の分野で地域に貢献します。

会社経歴

昭和4年4月
油脂及び油脂製品の販売を主とし、石油製品の販売を兼業として松本油店創業する。
昭和15年
石油製品配給統制となり、先の部門を廃止し切削油の製造販売始める。
終戦後
石油製品配給統制撤廃とともに石油製品販売を再開し、主販売品目とする。
その後、石油製品、電子機器、住宅機器の販売を中核として多角経営を行う。
昭和37年
東伯郡東伯町に東伯営業所を開設する。
昭和39年
本店給油所にプロパンガススタンドを開設する。
昭和42年
米子市祇園町に祇園給油所を開設するとともに、プロパンガススタンドを移設する。
昭和44年
米子市富士見町に米子中央給油所を開設する。
本店給油所を呼称変更し「久米給油所(現 久米SS)」とするとともに、本店を米子市両三柳 米子総合卸団地に移転する。
昭和45年
住宅関連部門を分離独立し、松本住宅設備(株)を創立する。
境港市上道町に境港中央給油所を開設する。
昭和48年
米子市両三柳に、「産業道路給油所(現 産業道路SS)」を開設するとともに、電機部を同地に移動する。
昭和49年
米子市米原に石油配送センターを開設する。
昭和50年
電子計算機販売及び保守部門を分離独立し、松本システムズ(株)(現(株)ケイズ)を創立する。
電機部門を分離独立し、松本電機(株)を創立する。
昭和57年
鳥取市に鳥取東給油所及び鳥取中央給油所を開設する。
昭和59年
本店を米子市米原に移転する。
昭和61年
プロパンガス部門を分離独立し、(株)松本油店を創立する。
昭和62年
米子市西福原に米子給油所を開設する。
平成 5年
鳥取東給油所を、鳥取市南吉方の「鳥取中央給油所(現 鳥取中央SS)」に併合し、全面改築する。
平成 6年
米子市河崎にエスエス431給油所を開設する。
石油化学部門を、(株)松本油店に移籍する。
松本電機(株)を、(株)松本油店に併合する。
平成 7年
本店を米子市西福原に移転する。
平成 8年
鳥取市津ノ井に燃料配送拠点「津ノ井デリバリーセンター」を開設する。
平成 9年
米子中央給油所を閉鎖し、新たに米子市長砂町に米子南給油所を開設する。
平成13年3月
境港市外江町に純正課を開設する。
プロパンガス部門にリフォーム事業を開設する。
平成13年12月
本店を米子市両三柳に移転する。
平成14年7月
米子市米原の米子給油所を閉鎖し、同地にセルフサービスの「プリテール米子給油所(現 セルフ米子)」を開設する。
平成16年9月
電機課、祇園給油所を閉鎖する。
松本住宅設備(株)より、住宅設備及び油脂販売部門を営業譲渡をうけ、(株)松本油店石油ガス部住宅設備課として業務を開始する。
平成16年12月
境港市渡町に「セルフ境港」を開設する。
平成17年2月
ハウスクリーニング事業を開始する。
平成17年4月
境港市外江町の純正課を純正潤滑課とする。
平成17年7月
SS部門を(株)松本油店に移管する。
小売部門を(株)松本油店に集約し、グループの中核とする。松本油店は卸売を中心とする形態にする。
平成18年7月
米原石油配送センターを閉鎖し、流通町に新基地を建設し移転する。
平成18年10月
エスエス431給油所を閉鎖する。
平成19年4月
リフォームとハウスクリーニング部門を統合し、住宅生活課とする。
本店と石油課、純正潤滑課の両卸部門を(株)松本油店に移管する。
平成20年9月
米子市両三柳から流通町に本社を移転する。
石油課と純正潤滑課を併合し、燃料潤滑課として本社で稼働開始する。
平成20年10月
石油化学課を米子市両三柳から流通町の本社に移転する。
平成21年4月
建設業登録を行い、建築工事全般をおこなう体制を図る。
平成21年5月
住宅生活課で建築工事全般を取り扱う。
平成25年1月
農業事業準備室を開設し、農業事業に参入する。
平成26年
農業事業準備室を農業事業部とし、農業へ参入を図る。
平成26年5月
コーティングと車両整備の専門店「リメイクスタジオエムズ」を米子市祇園町にオープンし、保険課と一体化した車両保険課を開設する。
平成26年7月
松江市の明徳石油(株)を買収し、子会社とする。
平成26年10月
石油ガス部、住宅生活課を米子市祇園町から流通町の本社に移転する。
石油ガス部を名称変更し「石油ガス課」とする。
平成27年11月
米子南給油所をセルフサービスに全面改装し、「セルフ米子南インターSS」としてオープンする。
平成30年2月
松本住宅設備(株)を吸収合併する。
平成30年9月
大山町赤坂の林原石油店より事業を譲り受け、「中山SS」として開設する。
平成30年11月
境港市上道の境港中央SSを閉鎖する。
令和 1年11月
コーティングと車両整備の専門店「リメイクスタジオエムズ境港」をセルフ境港敷地内にオープン。
令和 1年12月
米子市富益町の木村兼義商店より事業を譲り受け、富益SSとして開設する。
令和 2年
蓄電池事業を主としたエナジーサービス課を本社に新設する。
令和 3年10月
西伯郡伯耆町の(株)岸本ビークルを買収し、子会社とする。
米子市富益町の富益SSを閉鎖する。
令和 3年12月
(株)岸本ビークル岸本SSをアポロステーションとしてブランド変更しオープンする。
令和 4年5月
(株)岸本ビークルを吸収合併し、SSを「岸本SS」、車両整備・販売部門を「VEHICLE next(ヴィークルネクスト)」として開設する。
PAGE TOP